星川ボタン!

hoshikawa button!

コメント感覚でツイートして星川への思いを共有しよう!

ふたりひとつ屋根の下からひとつふたりベッドの上で #2

これは、俺と星川が結婚する前の話。



夏のボーナスが入った。

特に欲しい物もないし、どうしようかと悩んでいたけど、やっぱり星川に全部投げることにした。

好きなこと、好きな人にお金を使えるっていうのはそれだけで幸せなんだなって。

「まぁでも、、、今日5万もスパチャするんだし「挑戦」してみてもいいよね。」


----------22時05分--------------


星川 「こんちゃー!こんちゃー!どうもー!輝く一番星星川サラでーす!こんちゃー^^」

俺「(よし、やるか)」


---------コメント-----------


クソ雑魚WI-FI 「遅刻警察です」
ほしかわいい 「今日もかわいいぞー星川」
俺 「【スパチャ:50000円】よめぇ~!二人でどこか出かけよー!」


-----------------------------


星川 「今日ねー将棋でも良かったんだけどー、歌いたくなっちゃった笑」

星川 「ナイスパテンキュー!、「よめー二人ででかけよー」だって笑 えー、どうしようかなぁー」

星川 「まぁお金もってそうだし、わかった。配信終わって気分よかったら連絡してあげる笑」

まじで、、、?

まさか、一瞬で断られると思ってたけど、連絡くれるってほんとにデートしてくれるのか!?

すごくドキドキしながら、一時間半の配信を全部見てから、数分待った。


Line星川

君だよね?デートしたいっていいってたの?

Line星川

どこ連れてってくれるの?

Line星川

てか何歳?笑

お疲れさまです

配信全部見てました!メルトすごいかわいかったです!

ディズニーとかどうですか?懸賞でペアチケットあたったんですけど行く人居なくて、、、笑

今19歳です!

Line星川

ふーん、19歳ねー、、、

Line星川

わかった。いいよ。ディズニー行こっか。

Line星川

いつ?明日でいい?

わかりました!現地でいいですか?

Line星川

いいよー

Line星川

星川いっぱい遊びたいから8時前には絶対居てよね

もちろんです!

遅刻しないように前夜待機しときます!

Line星川

あ、うん笑


やってしまった。。。もちろん懸賞でディズニーのチケットがあたったなんて嘘。
買って上げたかったから嘘をついたが、翌日とは、、、どうしよう。開演前売ってるのかなぁ、、、。

そういえば、ディズニー大好きなやついたし、聴いてみるか。


俺 「もしもしー?ごめんこんな時間に、明日いきなりディズニー行くことになったんだけどさ、、、」

友1 「くさw いきなりどうしたんだよ」

俺 「いやー俺にもやっと青春ってやつが来たんだなって」

友1 「まじかよwww で、ディズニー明日行くん?」

俺 「うん、でもチケットなくて、、、当日開演前に買えるかなー?」

友1 「えー、俺も事前にチケットは買っとくしなー、、、ってか年パスあるしw」

友1 「あ、コンビニでチケット売ってるとこあるよ、今から回ってみれば?」

俺 「まじで!?ちょっと行ってくるわ!ありがと」

友1 「恋人未満は正直に、恋人以上は曖昧にだぞ!」

俺 「おう!」


------------当日------------


遅いなぁ、もうすぐ8時半なんだけど、、うぅ、遊ばれただけか、、、

まぁそうだよな、俺が星川とデートなんて、、、

星川 「おまたせ!」

星川 「ごめーん!ちょっと遅刻しちゃった;;」

星川 「まぁでも!30分以内なら遅刻じゃないから!」

俺 「え、、、!?」

まんま星川だ、、、

俺 「なんで、俺ってわかったの!?」

星川 「フフっ、星T来てるの君くらいしかいないとおもうけどなー」

確かにそのとおりかもしれない。

俺 「、、、今日は、よ、よろしくおねがいします」

星川 「うん!よろしくー、いこっか!」

そのまま手を引かれて入場ゲートをくぐった。





特になにか進展があったわけじゃないが、俺は「思い出に」、と思って星川の写真をたくさん撮った。

星川写真写りいいなー、、、更にかわいい、、、。どうせ今日限り何だ、たくさん笑ってるところ撮らないと。

あと、星川に言われるがままにお揃いで買った耳がぴょこぴょこするファンキャップ。

すっげーはずかしかった、、、。





最後に、ライトアップされたアクアスフィアの前で一緒に写真を撮ってくれないかお願いすることにした。

俺 「(迷惑じゃないかなー、、、もうアクアスフィア目の前だし早く言わないと、、、)」

星川 「ねー、君星川と結婚したいんだっけ?」

俺 「あ、、、えっ、その、えっと、、、」

星川 「なに笑どうしたのぉ~笑」

星川 「昨日「よめー!!!」とかいってスパチャしてたじゃん!」

俺 「あ、、、その、、、(はぃ、、、)」

星川 「まぁ今日結構楽しかったしー、次も楽しかったら、、、」

俺 「(今いうしかない、、!)」

俺 「(私と、、、)私と結婚してください!」

頭を下げて、そっと彼女の前に手を伸ばした。

星川 「えっと、、、え、え?」

以外にも彼女は戸惑っていた。

沈黙が少し続いたが、夜のライトアップされたアクアスフィアの前。周りからの視線をいくつも感じた。

そして、俺の手を握って一言。

星川 「よ、よろひくおねがいひまふ、、、」

そのまま手を引いて、視線をそらす彼女、いや、星川を抱きしめた。

その時はあまり気にしていなかったが、周りからの視線と拍手がすごかったと、その後写真を撮ってくれた人が言っていた。

なんて恥ずかしいことを、、、。



そしていま、隣でその嫁が寝ている。

あー星川いい匂い (ぎゅーーー)

星川 「んん、、、」

あ、起こしちゃったかも、、、、

星川 「もーーーー!(ぎゅーーー)(ぶちゅーー)」




2020/6/14(sun) pm5:19. ps.最近コラボが多くて悲しいです。